宅建業免許が必要なケース


宅建業法において宅建業者は以下のように定義しています。

  • 宅地又は建物について自ら売買又は交換することを業として行う
  • 宅地又は建物について他人が売買、交換又は賃借するにつき、その代理若しくは媒介することを業として行う

視覚的にもわかりやすいようにしたのが、下の表です。

印が免許の必要なケースで、×印が必要のないケースとなります。

区分 自己物件 他人の物件の代理 他人の物件の媒介
売買
交換
貸借